おしっこをする時に痛くなる原因をご紹介致します。

>

おしっこをする時の痛みを予防する

日常生活での疲れをためない

細菌による感染症が主な原因のおしっこをする時の痛みは、身体に疲れがたまっていたり、精神的ストレスによる免疫力低下が原因の一つになります。
そこで日々の生活で疲れをためないで、適度に休息をするほか、リフレッシュなどをしてストレス発散することが大切です。

特に睡眠時間の確保は重要で、短い睡眠時間が数日続くと徹夜を何日もした状態と同じことになり、免疫力低下を引き起こすことになります。

それに加えて、みなさんトイレを我慢するといったことはしていませんか?
トイレを我慢するというのは、膀胱内におしっこをため込んでいるということで、膀胱炎になりやすくなってしまうのです。
トイレは必要以上に我慢することなく、きちんと行き、規則正しい生活を心がけ、免疫力を高めることが排尿痛を引き起こす疾患の予防につながります。

性感染症の予防で排尿痛も予防する

おしっこをする時の痛みを予防する引き起こす排尿痛は、性交渉による感染症が原因のものもあります。
なので、性感染症を予防することも排尿痛予防につながります。

性感染症を防ぐ一番の予防法は性交渉の際に、当然ではありますが、必ずコンドームを着用することです。
パートナーが性感染症の症状などを生じている場合は、二人で病院へ行き早めに診察を受けることがおすすめです。
二人で診察を受けるのは、自覚症状がない場合でも気がつかないうちに自分も感染している可能性がある為です。

性感染症の場合でなくても、おしっこをした時の痛みが長く続いたり、痛みが強い場合も早めに診察を受けに行きましょう。
再発の可能性が高い膀胱炎の場合、悪化する前に治療を開始し早めに治すことが重要になります。


この記事をシェアする